ザ・パックの特長

ザ・パックの特長

Scale ―圧倒的な供給力と製品―

全国的なサプライチェーン体制から、あらゆる種類のパッケージをご提供しています。

サプライチェーン体制と
14,000軒のお客様

主力の東京工場を始めとする国内の4工場と、グループ会社や外部委託工場との協力により、災害・事故などが発生した場合のリスクマネジメントにも対応した全国的なサプライチェーン体制を構築しています。食品や家電、住宅関連設備、自動車部品等の各種製造業、アパレル、百貨店、量販店、一般小売から、コンビニエンスストア、ファーストフード店等、業種、業態を問わず全国14,000軒のお客様に幅広く、紙袋、印刷紙器、段ボール、プラスチックパッケージを主としたあらゆる種類のパッケージをご提供しています。また、通販等のeコマースにも対応しています。

全国直販の広域ネットワーク

全国に広がる営業拠点では、お客様の様々なご要望にお応えすべく地域密着型の提案営業活動を展開しています。自社の営業マンがお客様と面談することで、お客様の求める情報を直接提供できることに加え、ご意見ご要望を伺い、パッケージの企画・開発・生産に反映しています。
アメリカ、中国では現地の子会社からご提供しています。

Quality ―安定した品質―

トータルパッケージメーカーとしての豊富な経験と実績で、あらゆる種類のパッケージをご提供しているザ・パックは設計・生産段階において、厳しい品質チェックを実施しています。

140年以上のノウハウと
専門の会社ゆえの知識

ザ・パックでは企画段階からデザイナーや設計者、技術者が持つ豊富な経験に基づき、お客さまに最適な品質を検討。お客様にとって、最適なご提案をしています。

支える品質管理力

全事業所でISO9001認証を取得。設計・生産段階においてもISO品質基準に基づき、顧客との緊密な打ち合わせを行い、より課題を解決できるパッケージをご提案しています。

Know-How ―業界の動向や情報・パッケージラボ(東京・大阪・福岡)―

1981年、パッケージラボの前身である大阪包装資料館オープン以来、自社・他社製品に関わらず国内外から収集したパッケージは約10万点。総合パッケージメーカーとして、パッケージの歴史や最新トレンドを日々収集、研究を重ねています。

国内最大規模のパッケージラボを運営

1981年、社員教育及び包装研究の場として開設以来、これまでにザ・パックで収集した国内外のパッケージは約10万点。総合パッケージメーカーとして、パッケージの歴史や最新トレンドを日々収集・分析しています。トータルパッケージのソリューション企業として、商品保護や、省人化・環境対応等について適正包装の探究を重ねています。
パッケージラボの詳細はこちら

パッケージコンサルティング

海外まで拡がるネットワーク力でグローバルな対応から、市場にあわせた最適な提案を幅広く行うことが出来るのも「ザ・パック」の強さのひとつ。
マーケティングリサーチ担当者との、信頼できる協力体制のもと、最新の市場データと有益な情報を収集、お役に立つ情報の提供と、パッケージのコンサルティングをしています。

Speed ―柔軟かつ迅速な対応―

販売量の変動、発注品の納品先の変更、メーカー・調達先在庫情報の把握など、状況に応じた対応でお客様にご満足いただいています。

供給リードタイムを一定に保つ
調達保有能力

国内の生産拠点との連携はもちろん、全国の営業拠点ネットワークを活用することで、供給リードタイムを最適に保ち、欠品や在庫の管理コストを削減。必要なパッケージを必要な場所に、適時ご提供しています。

ワンストップで対応

ザ・パックには、企画プランナー、デザイナー、設計者など、様々なスタッフが在籍しています。
年間4000件を超える案件に対し、新しいデザイン・形、時には伝統的な方法を大切にしつつ、独自の企画やデザインの感性で、お客様の要望に高いレベルでお答えしています。

Cost ―業務の効率化を図る―

ザ・パックなら企画から供給体制(物流)の確立までワンストップで対応可能。運営業務のオンライン化やパッケージの規格化、統合を行うことで、お客様での管理コスト・手間の削減も含めた「トータルコストの削減」を実現します。

NIS SYSTEM

お客様がご使用になる全てのパッケージを分類、サイズ、材質、機能によって規格化、統合することにより、経費節減と管理運営システムの合理化をはかります。
納品方法、ストック、取り出し方の標準化を図ることで、輸送コストや管理コストを最大で15%削減した実績もございます。

PAS SYSTEM

発注、仕入れから会計管理まで、オンライン化することで、管理コストを大幅に削減。
納入業者を一つに絞ることにより、荷受け場所が混雑することもありません。ある百貨店では、納入業者が30社から1社になったため、荷受け作業の人手と時間が大幅に削減できました。

Ecology ―環境にやさしいものを提案する―

限りある資源を有効利用してゆく事で循環型社会を目指し、緑のある地球を残したい。
ザ・パックでは環境対応型の研究・商品開発を進めると共に、ESGを意識した森林保全活動の推進として「フォレスト基金活動」を行っています。ISO14001認証に加えFSC®-CoC認証も取得しています。

環境対応商品の開発を推進

ザ・パックは、「素材」「設計」「技術」という観点から、環境対応型の研究・開発を行っています。
例えば、素材では、さとうきびの絞りかすを利用した非木材紙のバガス紙。設計では、箱のフタと身が一体化した形式でフタの折り返し部分を少なくして、省資源化を図っています。

森林保全活動

ザ・パックフォレスト基金活動とは、非木材紙などの環境配慮商品の売上高の一部を基金としてNPO法人「地球と未来の環境基金」に委託して行っている森林保全活動です。
当社社員もボランティアとして参加し、NPOや地元の方々と協働で活動しています。
ザ・パックフォレスト基金活動についてはこちら
Page Top