キーワード・コラム

キーワード・コラム

人と自然に優しいパッケージ〜前半〜

この頃、「エコ」が生活へ浸透してきたことは、皆さまも充分実感されていることと思います。当社といたしましても、環境対応はもはや当たり前のことです。
パッケージを通して、ブランド認知やお買い物の楽しみを演出することだけではなく、緑ある地球を残すために何できるか。全事業所でISO14001認証を取得し(2006年)、森林保護及び植林事業の推進として「フォレスト基金活動」を行うなど、全社で取り組みを進めています。


総合パッケージメーカーとして
「パッケージ」にはさまざまな過程があります。当社は、企画から生産、納品までを一貫して自社で行っています。
その経験値を存分に活かし進める環境対策について、2回に渡って具体的にご紹介してまいります。
 
 1.原紙 〜素材の研究・開発、FSC認証〜
環境対応型の研究・開発を進め、「バガス」など環境に配慮した原紙や素材を次々と商品化しております。
また、当社では加工におけるFSC(COC)認証を取得し、環境に配慮した包材を調達したい、というニーズにお応えしております。
詳しくは、「環境対応商品」をご覧ください。

 2.加工 〜フィルム加工に代わる技術〜
ここでは環境に配慮した様々な加工技術の一つ「UV加工」についてご紹介します。
パッケージにおける「フィルム加工」は、高級感を訴求することにおいても欠かせない加工技術です。しかし、別素材を使用するため分別が難しく、リサイクルに不向きな点が課題とされています。
そこで、当社では、「フィルム加工」に変わる技術として、特殊な液を紫外線で固める「UV加工」を導入しております。リサイクルが可能になることはもちろん、印刷と同様の機械で施せるためコスト削減も期待できます。



今回はザ・パックが目指す「人と自然に優しいパッケージ」について、「原紙」と「加工」の2つの観点からご紹介いたしました。次回はパッケージの「形状」についてご紹介します。

当社での経験・ノウハウをお客様ニーズにはもちろん、パッケージの進化にも活かすために、今後もさまざまな取り組み・企業努力を続けてまいります。詳細につきましては弊社営業までお問い合わせください。

関連コンテンツ