キーワード・コラム

キーワード・コラム

超大型段ボール

国内最大級の段ボール加工商品です。

段ボールパレット

オール段ボール製のパレットです。

【設計事例】ソーラーパネル 集合梱包

段ボール製コーナーパットにより集合梱包時に商品の保護機能を付与。

東京工場

埼玉県日高市に建設に進めておりました東京工場が2011年9月に竣工いたしました。

エコ・ステッチャー

段ボールはリサイクル率が95%を超えた環境対応素材です。
しかしながら、少し大きな箱になると、製箱時に金属製ワイヤー(ステッチャー)が使用されます。

人と自然に優しいパッケージ〜後半〜

前回は「人と自然に優しいパッケージ」について「原紙」と「加工」の2つの観点からご紹介いたしました。今回は、パッケージの「形状」についてご紹介いたします。

人と自然に優しいパッケージ〜前半〜

この頃、「エコ」が生活へ浸透してきたことは、皆さまも充分実感されていることと思います。当社といたしましても、環境対応はもはや当たり前のことです。

印刷方法のご紹介

当社では様々なお客様のニーズにお応えしております。お聞かせいただくニーズには、デザイン、色使い、形状に関するものなど多岐に渡ります。

贈る気持ち

当社では、包装用品を50余年間にわたり製造販売しておりますが、「包装」とはなんなのでしょう?

ユニバーサルデザイン

日本で「バリアフリーに関する関係閣僚会議」が設置されたのが2000年。当時は健常者をイメージして作られている製品が多く、今まで使いにくかった人により配慮しその障害(バリア)を取り除こう、という考えのもと「バリアフリー」の考え方は推進されていました。

クリスマスを演出するアイディアのご紹介

街はすっかりクリスマス色になってきました。大切な人へのプレゼント、もう決まりましたか?せっかくなら、プレゼントを入れる紙袋にも一工夫してみてはいかがでしょう。

子供地球基金(KIDS EARTH FUND)のご紹介

1988年に創立以来、子供地球基金は、病気や戦争、災害などで心に傷を負った世界中の子どもたちへ画材や絵本、医療品の寄付などを続けています。

世界の環境ラベル

環境ラベルの中で、日本のエコマークも含まれる第三者機関が認定している「タイプI」 *は世界40カ国以上の国や地域で実施されおり、それらを運営するエコラベル機関が世界エコラベリング・ネットワーク(Global Ecolabelling Network(以下GEN))に参加しています。

エコマーク誕生21周年

日本でエコマークの認定制度が開始されたのは1989年。環境ラベルの中で第三者機関が認定しているタイプIでは、ドイツについで世界で2番目に導入され、今年で21周年を迎える歴史ある環境ラベルになります。